読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3日で3歩 〜プロフィール専門ライターのつくりかた〜

1日1歩進めなくても、3日目でスキップして3歩くらい進めたら◎。副業からはじめて自立するブログ。

MENU

私がひとりビジネスをはじめた理由その②

 

理由その②

「私は○○をやってる人です」って答えたい。

 


初対面の人に「お仕事何されてるんですか?」と聞かれたり、
久しぶりの人に「最近何してるの?」

と聞かれたときに、
「私は○○をしてるよ」って自信をもって答えたい。

 

なんだかあまりかっこよくないけど、、
そういう感覚があります。

 

最近の私と言えば、そんな場面のときは、

「しがないOLやってます」とか
「いや、特に、つまらない事務です」

とか、そういう答え方になってしまいます。

 

今私が職場でしてる仕事は、
私じゃなくても誰でもできるし、
むしろ他の人がやったほうがミスとか少なそうだし。
誰の役に立ってるかとか、実感がない。
大きく考えればもちろん誰かの役には立っているはずですが…。

 

エクセル関数を駆使して自動入力ができるようになった!
とか

集計のグラフとか表の配置が見やすいね!
とか

誰に褒められるわけでもない。

 

 


以前、友人に言われてハッとしたことがありました。
「○○(私)は、前は本当にキラキラしてたもんね。
バリバリ働く女って感じで」


”前は”そうだった私は、今は…?


結婚して、少し落ち着きたい、という気持ちもあったけど、
やっぱりなんか物足りない。
今の自分に満足はできていない。

 


”「私は○○をやってる人です」って答えたい”
の中には、

自分らしくいたい。

自分だからできることをしたい。

人の役に立ちたい、感謝されたい。


が、あるようです。

 

f:id:tsumugi88:20170308173857j:plain

 

何年も前に取材させて頂いた方の記事を読み返していると、
その方はこう言っていました。

「どうせなら、自分がなれる最高の自分になりたい」


いつも凛として素敵なその女性の言葉に、
しびれてため息が出たのを思い出しました。

 

私にとっての、最高の自分をもっともっとイメージしながら
進んでゆきたいです。


これが、私がひとりビジネスをはじめた理由その②です。