読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3日で3歩 〜プロフィール専門ライターのつくりかた〜

1日1歩進めなくても、3日目でスキップして3歩くらい進めたら◎。副業からはじめて自立するブログ。

MENU

私にとって、このくそつまらない毎日の意味は


先週末の3日間、福岡に帰省していました。
学生時代から一緒にダンスに情熱を注いだ

地元の先輩の結婚式でした。


久しぶりに昔のダンスのメンバーとも集まり、
その先輩と一緒にイベントや発表会で踊った

懐かしの曲を結婚式の余興で踊りました。


久々の本番前の緊張感。
「あそこのフリもっかい確認しよ」と,

皆でばたばた衣装に着替えながら
「ファイブ、シックス、セブン、エイ」
と動きを合せたり。

「あ~この感じ懐かしいなー」にひとり浸りながら、
あっという間に終わってしまいました。

 

 

地元に帰れば友人たちが「おかえり~!」と喜んで迎えてくれて

彼女たちが予約してくれる店はいつも抜群においしい店で、

もつ鍋たべたかろ?ごまざば?焼き鳥?と、福岡の味を堪能させてくれて、

飲んで遊んで家に帰ってたら、久々の帰りを母親が待っててくれて、

あったかいお風呂が沸いてて、ふかふかの布団とパジャマが用意されてて。

いつもは抜いてしまう朝ごはんもお腹いっぱい食べてしまって。

 


心地よさが溢れすぎていて、満たされすぎて。

 

その余韻で、ここ何日かは自分の活動モードが
すっかり冬眠してしまっていました。


***

東京に帰ってくると、また、くそつまらない職場で働く日々の始まり。

 もちろん自動でご飯が出てくることもありません。

f:id:tsumugi88:20170302160547j:plain


詳しくは書けないのですが、
私の職場は半分民間、半分公益の某法人。

昔ながらの体質が色濃く残っていて、
ちゃんと天下りポストの席もあります。

 

前例に習うのが最善。
工夫や変化は特に求めてない。

 

当然そこには気の合う人も居なければ
尊敬できる上司も居ません。

 


私がここにいる理由は、
・家から近いから
・制度も整っていてボーナスもあって一定の収入が得られるから
・5時半に退勤して自分の時間を持てるから
・潰れる心配がほぼないから

 


子どもを持ちたい、という思いも強いので、
一応どこかで安定して働きながら、
自分のやりたいことやって、
産休や育休が取れて、

復帰できる選択肢がある方がいいんじゃない?

という夫の意見もあって。

 

やり甲斐や楽しさは捨てて、

割り切って働きながら、

やりたいことやろう思って入りました。
(なにより家から近いのがいい!)

 

早いうちに結論は出たのですが、
私には「割り切って働く」というのは向いていませんでした。


でも、
このストレスフルなくそつまらない日々を過ごしながら、


ぜったい早く辞めてやるー!!
自由に楽しく働いてやるー!!

というハングリー精神や野心がバンバン沸いてきます。

 

ブログやメールの返信や、 ワードプレスをいじってみたりも

日中の職場でもやってます←こら!

 

結果、このくそつまらない毎日は
私にとっての大きなエネルギーになっています。


地元に帰って、心地よさが溢れすぎたことで、
このことに気づけました。


***

ここ何年かのすべての選択が
子どもができる前提なんだなー。


妊活も、楽しんでいこう。

 

※くそくそ言ってごめんなさい。